特許について

弊社の開発商品である「炭酸泉タブレット」および「炭酸泉タブレット専用シャワーヘッド」は、特許を取得しております。

炭酸泉タブレットに関する特許権について

弊社は2009年に「炭酸泉タブレット」を世界で初めて開発し、現在までに以下の計5件の特許権を取得しており、各種の類似品の製造業者、販売業者に対し訴訟を提起して、類似品の排除に努めております。

弊社が保有する特許権

■特許5017516 錠剤の製造方法
■特許6000630 錠剤の製造方法
■特許5588490 錠剤の製造方法及び錠剤
■特許5877778 錠剤の製造方法及び錠剤
■特許6220530 毛髪の洗浄方法

炭酸泉タブレット専用シャワーヘッドに関する特許権について

弊社の「炭酸泉タブレット専用シャワーヘッド」も計4件の特許権を取得しております。

弊社が保有する特許権

■特許6081770 マイクロバブル混合水の製造方法及びマイクロバブル混合水の製造器
■特許6125255 炭酸ガス含有湯水の製造方法及び製造装置並びに炭酸ガス溶解キット製剤
■特許6268226 シャワー機器
■特許6268332 炭酸ガスマイクロバブル混合水の製造方法及び製造器


弊社製品の認定マークについて

弊社製品には全て左記(上記)の認定マーク(Koboshi Method)を付していますので、炭酸泉タブレットを扱われる際には、このマークの有無をご確認ください。模造品や粗悪品などではない安全安心の品質を証明するものです。

また、弊社の特許発明を実施する会社が、仮に、自社の製造する炭酸泉タブレットの特定の成分に関して、特許権を保有していたとしても、当社の特許権侵害を否定する理由にはなりませんので、ご留意ください。

炭酸泉タブレットに関しては、各種の類似品が市場に出回っている状況にありますが、弊社は炭酸泉タブレットの発明における正真正銘のリーディングカンパニーとして、模倣品の製造・取扱い業者に対して訴訟提起も含め断固たる対処をしていく所存です。
弊社炭酸泉タブレットのお取扱いなど、各国企業様のお問い合わせをお待ちしています。

※ 「炭酸泉タブレット」は、弊社においては「重炭酸タブレット」と表記することもございます。