炭酸泉の歴史 | 株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット

重炭酸温浴法

01.28 2019

重炭酸湯とは

ホットタブシリーズは、健康と美容の重炭酸入浴をご家庭で気軽にお楽しみいただくために2009年から研究開発を行い、2012年に販売を開始した独自製法の入浴剤です。

重炭酸湯とは?

「重炭酸湯」とは、重炭酸を溶け込ませたお湯のことです。

「炭酸泉」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?炭酸泉は、体の芯から温まることができると評判のお湯のことです。血行が促進され、冷え、肩こり、腰痛、疲労の解消などの効果が期待されています。ヘッドスパや化粧品など美容にも活用されています。

様々な効果が期待できる炭酸泉ですが、しかし、重要なのは数分で空気中に飛んでしまう炭酸ガスの泡ではなく、炭酸ガスが湯中に溶け出すと同時に「重炭酸イオン」に変化することが大切だったのです。この「重炭酸イオン」が溶け込んだお湯のことを、「重炭酸湯」と呼んでいます。

決めては炭酸ガスではなく、「重炭酸イオン」でした

実際にドイツや大分・長湯温泉などの様々な自然炭酸泉のpHを調べてみると、6.7pH~7.1pHの中性の値を示します。このpHでは酸性の炭酸ガスは湯中に存在することができません。溶け込んだ炭酸ガスは「重炭酸イオン」に変化しているのです。この「重炭酸イオン」は、入浴した際の温浴効果と清浄効果を高めると考えられています。

また、「重炭酸イオン」は炭酸ガスのようにすぐに空気中に揮発することはありません。24時間濃度が持続するため、翌日もお楽しみいただけます。

お湯が中性になるから、お肌の弱い方や赤ちゃん※にも!

ホットタブが溶けたお湯はpHが中性になります。そのため、お肌への刺激がとても少なく、柔らかい湯ざわりです。お肌のデリケートな方や赤ちゃん※でもご利用いただけます。※生後三ヶ月から

POPULAR COLUMN

よく読まれているコラム