炭酸泉の歴史 | 株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット

重炭酸温浴法

01.29 2019

ホットタブシリーズの使い方

有効成分の溶けた41℃以下のぬるめのお湯にゆったり15分以上浸かる「重炭酸温浴法」。

温浴効果で血流を促進するので、体の芯まで温まり、入浴後もポカポカ温まった状態が続きます。

心も体もゆったりリラックス。快適で健康な毎日に入浴がおススメです!

ぬるめの温度で20分~30分以上の長湯入浴が効果的です。

※42℃以上の温度は体に負担がかかりやすくなります。「すこしぬるいかな?」位の41℃以下でご入浴をお楽しみください。

重炭酸温浴法

1.ホットタブを160ℓに対して3錠を湯船に入れる

2.湯の温度を37~41℃以下に保つ
※冬は41℃以下、夏は体温より少し上くらいの温度がおススメです。

3.15分以上ゆっくり長湯する

少しぬるく感じる温度かもしれませんが、温浴効果を高めてじっくり芯から温めることをおススメします。

重炭酸温浴法のポイント

●重炭酸イオン

炭酸泉に入ると、体中が細かい泡で覆われます。この体についたのは炭酸ガスの泡。その泡が様々な効果を生み出すと考えられてきましたが、「重炭酸イオン」がポイントです。

●中性pH

ドイツの療養泉や長湯温泉の天然炭酸泉のpHを調べると、6.7~7.1と中性を示します。中性pHの中では酸性の炭酸ガスが存在することはできませんので、その炭酸ガスのほとんどは「重炭酸イオン」に変化していると考えられます。

●ぬるめ温浴

ぬるめのお湯(36~41℃以下)、160ℓに3錠(200ℓに4錠)を目安に溶かしてご使用ください。夏は36℃の体温温度でゆったりと、冬は41℃以下でのんびり15分以上の入浴をおすすめします。

 

重炭酸シャワーでスッキリ洗い流しましょう!<浴用化粧料用>

髪やお肌が乾燥しがちな人にオススメの、「重炭酸シャワー清浄法」。

乾燥し、ボロボロになった髪やお肌に化学物質はさらに肌にダメージを与える原因となってしまいますが、洗浄成分の入ったシャンプーやボディソープを使わないと汚れが残りがちになってしまいます。

そこで、「重炭酸シャワー」を使って髪やお肌を優しく清浄しましょう。

専用シャワーヘッドにホットタブを1錠セットし、シャワーの湯に重炭酸を溶け込ませることで、シャワーのお湯が重炭酸湯に変身。

お肌のバリアを壊さずに、お肌や頭皮の汚れを清浄し、うるおいを与えすこやかに保ちます。

足湯・手浴 <浴用化粧料用>

●足湯

10~30リットルの足を浸けられる深さの容器に、少し熱めのお湯を張ります。

そしてホットタブ1錠を溶かした後、お湯に足を入れ、30分程度ゆっくり浸かってください。

●洗顔

洗面器にお好みの湯温でお湯を張ります。

溶け始めてから2~3分後に洗面器のお湯で洗顔してください。 泡を楽しみたい方は、発泡中に顔をお湯につけてください。

POPULAR COLUMN

よく読まれているコラム