夏バテ解消 ホットタブのぬるめゆったり入浴 | ホットタブ | ホットアルバム炭酸泉タブレット

コラム

  • HOME
  • コラム
  • 夏バテ解消 ホットタブのぬるめゆったり入浴

06.01 2020

夏バテ解消 ホットタブのぬるめゆったり入浴

夏を迎え、話題に出るのが夏バテ。全身の疲労感、疲れやすい、無気力、立ちくらみ・めまい、食欲不振などの症状が起きると言われます。

夏バテ予防としては、バランスのとれた食事や適度な運動、エアコンの適切な使用などが挙げられます。しかし、今年は外出自粛などで家に閉じこもり、外出時はマスクをして息苦しく、また1日中家でエアコンにあたって過ごすこと方も多いかもしれません。そして、ついつい「暑いから」とシャワーのみで済ませることも増えてしまいます。

しかしながら、実は入浴こそ、夏バテの予防や解消に役立つことをご存じでしょうか?

例えば、暑い日が続くと、冷たいものばかり飲んで胃腸を冷やしがちですが、体を芯から温めることで弱った胃腸をケアすることができます。また、お風呂に浸かることで、副交感神経が活発になって、リラックス効果が得られ、ぐっすり眠ることができると言われます。良質な睡眠は、夏バテに負けない健康的な身体づくりに不可欠な要素です。

ただし、入浴には注意も必要です。暑い日こそ、熱いお風呂に入ろうとするストイックな方もいますが、41℃以上のお湯では体が緊張してしまい、副交感神経がうまく働いてくれません。オススメは、ホットタブを入れて38~40℃(真夏は39℃以下)のぬるめのお湯に20~30分つかること。ぬるめのお湯ならば、ストレスを感じることなく、夏でも心も体もスッキリした気持ちでお風呂に入れます。

一般的に、副交感神経を働かせることが、免疫力アップにもつながると言われます。またゆったりぬるめのお湯で20~30分お風呂に入ることで、血管が広がり、血の流れが良くなって、先端の毛細血管まで水分と栄養を届けてくれる効果や、じっくりと汗をかくことで体内の老廃物が体外に排出される効果もあると言われています。

体調を崩しやすい夏の季節こそ、ぬるめの入浴で夏バテ予防や解消をしてみてください。

POPULAR COLUMN

よく読まれているコラム